外出時には日焼け止めが必須

紫外線によるメラニン色素の沈着

そばかすは遺伝的な要因も多いといわれていますが、しみができるのと同じように加齢や紫外線によるメラニン色素の沈着が原因となっています。本来メラニン色素は肌を守るために生成されますが、紫外線を大量に浴びるとメラニン色素も過剰に作られます。肌細胞の新陳代謝が活発である場合は過剰に作られたメラニンも垢となって排出されるのですが、新陳代謝が悪いとメラニンは表皮に残ってしまいます。その残ったメラニンが集まってしみやそばかすになります。紫外線は一年中降り注ぎ、長く浴び続けるとメラニン生成を促進します。そして長く紫外線を浴びると真皮にまで達するといわれているので、できるかぎり紫外線を浴びない対策をとることがそばかす予防には大切なのです。

日焼け対策と生活習慣の見直しを

紫外線がしみやそばかすの原因となるため、外出時は日焼け止めが必須となります。ちょっとした買い物や洗濯を干すときなども、できる限り日焼け止めを使用することが大切です。さらに帽子や日傘などで対策をしたり、紫外線防止スプレーや紫外線をカットする衣類を着用するのもおすすめです。また目からも紫外線は入ってくるので、UVカットのサングラスやメガネも上手に利用しましょう。

その他にも、女性ホルモンの乱れがしみやそばかすの原因になります。女性ホルモンはストレスや寝不足、偏った食生活によっても乱れやすいため、しっかりと体を休め、睡眠を十分に取る生活が大切となります。食事の点からいえばバランスの良い食生活をするのは当然ですが、肌細胞を活性化させるコラーゲンを補ったり、コラーゲン生成を助けたりメラニン生成を抑えるビタミンCを積極的に摂るのもおすすめです。

© Copyright Avoid Making Freckles. All Rights Reserved.